法律から見る闇金

法律から見る闇金

法律から見る闇金

 

最近は、昔に比べてお金を手軽に借りる人が増えています。以前のように、生活費が足りなくて仕方なく借りるケースが多くありました。しかし、今日では自分の生活費で借りる人は少なく、遊興費などが主な理由です。その手軽さから、借り入れをすることに慣れてしまい多重債務者になる人が増加しています。

 

その多重債務者が、最後に行きつくのところだと言われていますこの闇金は、当然法律では違法となります。しかし、法律でグレーゾーンの撤廃がされてから銀行や消費者金融の審査が厳しくなりそれに該当しない人が闇金に流れているのが今の現状です。

 

自己破産者が、闇金を利用することが多くありましたが、上限金利引き下げにより一時的に闇金が増加しても、長いスタンスでみると減少すると言われています。

 

2005年には福岡高裁では、闇金の貸付契約は公序良俗に反して無効と判決がでています。さらに、平成20年6月最高裁判例では貸付金は民法708条の不法原因給付であるとされています。

 

この事から、実質的に闇金から借りた金は、元金も含めて返済する必要がなくなった事を意味しています。これらの事を踏まえて、自治体が完全撲滅をするように手がけるべきです。

 

ヤミ金払えない時は無料相談で解決

関連ページ

ヤミ金に関する問題を解決する方法
ヤミ金に関する問題を解決する方法について説明します。ヤミ金にお困りの方、ヤミ金から一刻も早く解放されたい方、ヤミ金と縁を切りたい方は、簡単な方法ですぐに解決できますのでご覧ください。
ヤミ金と返還義務について
ヤミ金と返還義務について解説します。ヤミ金から借金がある方は、返還義務について理解しておくとよいでしょう。ヤミ金からお金を借りた場合、どれくらい返せばよいのか、あるいは一切返さなくてよいのかなどについて説明します。